ブログ

1階部分を鉄筋コンクリ−ト造住宅の勧め

1階部分を鉄筋コンクリ−ト造(混構造)住宅の勧め

2011年11月19日

  水害等の被害に合われた方々に心よりお見舞い申し上げます。
 近年の豪雨災害は過去に例を見ないほど頻繁に発生しています。
 そこで1階部分を鉄筋コンクリ−ト造(RC造)、2階又は3階を
 木造で計画してみてはどうでしょうか。
 一般的な1階部分の高さは地盤面から約3Mです。ハザ−ドマップ
 で確認します。
 水の浸入を完全に防ぐことはできませんが、浸水した場合、家が
 浮くことは防止され、復旧にかかる費用、日数は軽減されます。
 又地震に対する強度があることは自社設計の3階建て住宅での、
 阪神淡路大震災で体験いたしました。
 
 平成の初めから中頃まで大阪の分譲地で多くみられましたが建築
 コストが割高になることから木造に変わっていったようです。

 構造解析はBOXカルバ−トで解いていましたが、「窓とか階段部分
 のスラブの開口はどうするの」とかで平成12年2月に大阪府建築指導
 室(当時)から「ボックスカルバ−トの構造計算指針」が出たりして今では
 壁式もしくはラ−メン構造で解析しています。
                                2019.9.6